屋外型トランクルームのサイズを選ぶコツ

屋外型トランクルームはどんな貸スペース?

屋外型トランクルームの利用は、普段使わない物を預ける貸スペースとして大活躍します。自宅の収納スペースに入りきらない荷物を保管すれば、家の中もスッキリと片付きます。屋外型トランクルームの見た目は輸送用のコンテナなようになっています。1階建や2階建のトランクルームもあり、出入口はシャッタータイプや扉タイプで鍵をかけられます。屋外にあるため、屋内型のトランクルームに比べると空調設備がないケースが多かったり、セキュリティ面が劣ることがありますが、その一方で設備費用があまりかかっていいないことから、レンタル料金が安いというメリットもあります。屋外型に預けるのに向いている物は、引越しの一時置き場として家財道具を預けたり、飲料水や缶詰などの災害時備蓄品を保管するのにも敵しています。季節外のスキー・スノーボード板、冬家電などを置いておくのにも便利です。

屋外型トランクルームのサイズ選びに困ったときに役立つ情報

屋外型トランクルームのサイズは、0.5畳前後から5畳以上の広さがあったりと、大小さまざまあります。トランクルームの高さは概ね2m前後である場合が多いです。0.5畳のスペースのサイズは9センチ×9センチ程度になります。サイズ感は一人暮らしのワンルームマンションのクローゼットとイメージするとよいです。洋服やトランクケース、小型家電や家具も収納できます。1.0畳のサイズは9センチ×180センチ程度で、布団や一人暮らし用のテレビや洗濯機などを収納できます。4.0畳のサイズのトランクルームは、180センチ×360センチ程度の大きさで、家財道具一式や大型家電など、ファミリー層が使用する大型の荷物を預けられる大きなスペースになります。サイズ感をイメージして、屋外型トランクルームの広さを選びましょう。

バイクコンテナは愛用のバイクが盗難被害に遭うのを防ぐのに効果的です。目隠しの効果があること以外に利便性が高いことも重要な選択肢になるので、利用の際は立地や料金の確認が必須になります。